スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうめが来た日 その2 
 前回の続き~~


 そんな篭城劇を経て 我が家の家族となったこうめです。
 その後はびっくりするほどの甘えっぷり。
 常に膝の上にいるような状態でした。


 不安だったんだねえ。。。(T▽T)





 で、「こうめ」という名前の由来。
 長女が「ハル」だったので、3文字で和風の名前。
 (相方はカタカナ名前を嫌います^^;)


 最後まで候補に残ったのが「こうめ」と「あずき」
 こうめの毛色やにくきうからすると「あずき」が有力だったのですが
 ”そーいえば、職場のいじめっこ同期が「あずさ」じゃん(>_<)”という理由で、却下となりました^^;






 さて、このへんでちっさこうめ写真のご紹介~~♪




PC140010.jpg
 妹に抱っこされています^^




PC210030.jpg
 遊びに来た相方の後輩くんの膝の上。
 当時はまだ誰でもよかった^^;



PC210035.jpg
推定生後半年くらい。体重は2キロほどでした。
 まだ顔も体もお子ちゃまだねぇ。



 で、これらの写真。
 買ったばかりのデジカメで頑張って撮ったものです。
 今でこそ、写真なんて習ってる私ですが、、当時は猫にフラッシュたいてますね~(>_<)




 PC210019.jpg
まだまだ子猫顔。


PC25006699.jpg
当時彗星のように現れた、織田信成くんとの決戦。


 今見ると、恥ずかしい写真ばかり^^;
 ま、それも良き思い出です( ̄m ̄)




スポンサーサイト
こうめが来た日 
 今日はこうめとの出会いのお話を・・・。



 先代ハルを亡くしてから、また猫と暮らしたいと思う反面
 ハルに申し訳ない気持ちもあり、次の子を迎えられずにいました。
 「どこかでかわいそうな子と縁があったら、そのときにしよう」


 そんな風に考えていると、母がパート先のお客さんから
 「知り合いのところに子猫がいて、里親を探している」と聞きつけてきました。
 悩んだけど、ガマンできず連絡をとってみると・・・。


 個人で保護しているのかと思いきや、地元のボラさんだったんですね~^^;
 そりゃ、里親を待ってる子たちはたくさんいるわけだ(笑)
 で、ボラさんとお会いしてみると。。




 なんと、妹の保育園時代の先生でした~~!!




 母の代わりにしょっちゅうお迎えに行っていた私。
 会うなり「○○ちゃんのお姉ちゃん??」って(笑)
 20年くらい会ってなかったのに、、苗字も変わってるのに、、どんだけ成長してないんだ、私(爆)


 その後、一時預かりさんのお宅をたらい回しに連れまわされ(笑)
 路上猫の現状を知らなかった私たちは 衝撃の連続でした・・・^^;


 河川敷に ケージごと捨てられていた3匹の子猫。
 ボラさんたちの手を逃れ、他の2匹の子たちは逃走・・・。
 取り押さえられたどんくさい強運の子が のちに我が家の次女となるこうめです。




    *************************************




 避妊手術を済ませ、我が家にNPOマダムがお届け。
 用意していたケージに入れていただき、諸手続きをすませ、お帰りになりました。
 猫見たさに来ていた妹と、ケージから出した途端…



 脱走~~!!!



 食器棚の裏へ篭城…(T▽T)
 とても重い食器棚で、二人がかりでも動きません(>_<)
 姉妹ゲンカをしつつ、ようやく手が届くくらいまで体を入れられるほどに動かし、1時間後に捕獲。
 真冬なのに汗だくでした…^^;



↓篭城直後の初写真です。すごい顔してますね~^^;
P1050008.jpg
 ココハドコダタスケテクデ~~~




 捕獲直後よりすりすり、ごろごろ。。。なんだったんだ^^;
 ここから、甘えねここうめ伝説の始まりです(笑)



200609142017000.jpg
キュピーーーーーン☆←はっちゃんパクリ中^^;



 こうめが来た頃のお話 次回へつづく。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。